リハーサル会場大型陶琴搬入

10月19日 瀬戸芸関連イベントで女木島にて開催される音楽イベントで

サヌカイ陶琴にプロパーカッション奏者の手によって演奏されます

セッションの練習会場に大型陶琴を搬入しました

弦の強度と張り方、全音と半音の陶板配置高さの問題

京都の演奏で浮き上がった課題を急いで解決して

なんとか練習日に間に合わせることができました

いよいよ明日です

女木島女木ハウスにて、12時開場 わくわく楽しみにしています

https://www.facebook.com/profile.php?id=100034053679584&fref=nf&__tn__=%2Cdm-R-R&eid=ARAOYtSln6grdu1Q2kgGkwdOufL9SVh9mYTxnAUT5L0rBzUtY4jS0i171qYU13Qse2VIlcyWZFSM8KU8

大型陶琴台製作 塗装作業

10月19日 女木島にて瀬戸芸関連イベントでお披露目の

大型の陶琴 焼き上げと調律はなんとか間に合いました

残すは、陶琴台です

現在一度目の塗りが終わり乾燥中

これを磨き→塗→磨き→塗 で完成です

たぶん ギリギリです(;^_^A

新たな取り組み

プロ用サヌカイ陶琴調整中!
10月19日に開催のされる瀬戸芸術祭女木島で打楽器奏者池永さんがサヌカイ陶琴で演奏されますが、その為の専用陶琴を焼き上げ、只今抜かりなく調律中です。
重量と大きさがありますが、陶琴調整の為の削りに新田女史が孤戦奮闘中です。
世界で初めてプロによるサヌカイ陶琴が瀬戸芸術祭で演奏です。大燈

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)