サヌカイトの里ブログ/BLOG

世界初公開!瀬戸内芸術祭で打楽器奏者の池永健二氏による大型サヌカイ陶琴演奏会(MEGIハウス)

いつ:
2019年10月19日 @ 12:00 PM – 3:00 PM
2019-10-19T12:00:00+09:00
2019-10-19T15:00:00+09:00
どこで:
女木島 女木ハウス
料金:
1100円
世界初公開!瀬戸内芸術祭で打楽器奏者の池永健二氏による大型サヌカイ陶琴演奏会(MEGIハウス) @ 女木島 女木ハウス
Pocket

世界初公開!!初演奏!!

音楽はアートだ!!ということで、瀬戸内芸術祭の真っただ中、女木島中心部にある『女木ハウス』にて、サヌカイ陶琴コラボ演奏会を行うことになりました!!
演奏してくれるのは、なんと、打楽器の原点でもある東アフリカのケニアで手ほどきを受けた池永健二氏

今回使うサヌカイ陶琴は、新しく制作中の大型陶琴『五色台焼き/サヌカイ陶琴グランデ』になります。
焼き上げと調律がなんとか間に合って、世界で初公開、初演奏です!!
打楽器奏者としてサヌカイトの石琴にも興味がおありで、サヌカイトの原石から作り出される『サヌカイ陶琴』にも興味を持っていただけたことがきっかけで、今回の演奏会を快諾していただきました。

今は、3年に1度の瀬戸内芸術祭で瀬戸内海の島々が芸術(アート)の雰囲気に包まれてます。
彫刻や絵画などだけでなく、音楽も芸術だ!!
五色台焼き『サヌカイ陶琴』の癒し音色をぜひお楽しみください。

 

チケット料金内訳

・女木ハウス入場料:300円
・演奏会:800円

 

打楽器奏者(演奏):池永 健二 氏

《プロフィール詳細》
愛知県立芸術大学を経て、同大大学院修士課程を修了。在学中より数々の演奏会、音楽祭に出演。
大学院修了後、富士山の麓にて山籠り。ソリストとして自分にしか出来ない世界観を思案、創造しては全国各地で披露し、自分の感性と向き合ってきた。
2007年度アリオン賞奨励賞を受賞。
2014年より東京を拠点に演奏活動を本格的に始動。
2015年からリサイタルシリーズを企画。
これまでに打楽器マリンバを故 何森博子、今村三明、神谷百子、佐野恭一、深町浩司、池上英樹の各氏に師事。
また、打楽器の原点を肌で感じるべくアフリカを旅し、ケニアにてJean Cloud氏に手ほどきを受ける。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る